ワールドトークの評判は? 【体験記】 オンライン英会話が苦手だったのに続けられた理由

オンライン英会話あるある
  • オンライン英会話苦手あるある
  • 英語ネイティブと喋るとか恥ずかし過ぎてできる気がしない
  • 知らない外国人と話さなきゃいけないなんて緊張しかない!
  • そもそも知らない人と話すのが苦手なのに英語だなんて無理に決まってる
  • 何を話せばいいのかわからなくて気が重い
  • 英語喋れなさ過ぎて沈黙が続いたら・・と思うと怖い
緊張する・・

↑これ、全部私のことでした。

今でも、オンライン英会話が大好き!とかではないのですが、アウトプットの重要さは身に染みているし、スピーキングは話さないことには絶対上達はしないので、今は必要に応じて取り組んでます。

でもねぇ・・・

別にコミュ障とかじゃないつもりですが、そもそも日本語でだって気のしれない人と一定時間話すなんて気が重いのに、初対面の人と、しかも英語で会話とか…無理すぎません?

そうは言っても、留学という選択肢がない人生の中で、スピーキングを鍛えたいと思ったら、オンライン英会話が最適なはず!
ということで、これまでありとあらゆるオンライン英会話サービスをジプシーしてきて、結局「ここなら私でも大丈夫」と思えたオンライン英会話サービス

ワールド トーク

との出会いと、ワールド トークさんとの出会いが、実はそれまでIT系講師だった私が、なぜか英語講師になろう!と思ったきっかけになったんです、というお話です。

目次

オンライン英会話がつらかった理由

話す機会がないと英語を話せるようには絶対にならない!
とはいえ本物の留学はもとより、駅前留学的なスクールですら時間もお金も厳しすぎる!

となると、ベストな選択肢はオンライン英会話ですよね。
ということで、私もありとあらゆるオンライン英会話をまるでジプシーのように乗り換えてきました。

しかしなかなか続かない

基本的には「継続こそ力!」なんでも習慣化すれば継続できる!!と信じ、英語に限らず色んな学習の支援ツールとして日付シートやsutudy recordまで配布しているわたしなのに、オンライン英会話の継続だけは難しく・・。

そもそも知らない人と話すのが好きなわけではない んです
スピーキングレッスンのためと割り切ろうとしても気を使いすぎて疲れる んです
ネイティブだ!と思って緊張すると思うように喋れなかったりする んです
・すると・・たまに明らかに嫌な顔してため息つく先生とかもいた んです
・本当に言いたいことを伝えようとしても分かってもらえないと、なぜか相手に気を使ってしまって、あえて言いたいことを曲げて簡単に言えるように自分から話を捻じ曲げてしまうので、結局いつまでたっても簡単なことしか言えない んです

こんなことが続くと、

どうしても

気が重い、メンタルのエネルギーを必要としすぎる!
しまいには、簡単に言える噓のプロフィールとかひねり出したり(職歴が英語で言うには複雑すぎた)
簡単に言える今日一日とかひねり出しちゃったり(職務内容が英語で言うには複雑すぎた)
ノミの心臓過ぎて終わった後は手が汗だくだったり(手に汗握るとはこのことか・・と実感しました)

なのに、わりとしばしばレッスンの質がイマイチな先生にあたっちゃったり・・
仕事の都合や家庭のことを考慮して予約を取ろうとするとお目当てのいい感じの先生のスケジュールに合わないんですよね。


注:海外の先生でもいい先生はたくさんいらっしゃいます!!

ただ、予約競争率が高くなっちゃってて、私の場合、仕事の忙しさとか家事の都合とか考えると妥協しがちで・・すると・・あれれ?ということが起きることが多かったのです。

そうこうしてるうちに気がつきました。
あれ??コスパ・・思ってたより悪くなってるんじゃない???という疑問に。

オンライン英会話のコスパが意外と高くなっちゃった話

最初は、1レッスンあたりの値段で選んでたんです。
よくありますよね?1レッスンあたり25分300円!とか

でも、実際1か月受けた後で気が付きました。

あれ?1レッスンの単価、当初想定していたのより高くなってない?

そう、オンライン英会話の料金は多くは月額制
1レッスン○○円~、という表記は、1か月に受けられる最大レッスン数を月額で割って算出しています。

そもそもオンライン英会話に苦手意識があり、わりと精神消耗しちゃう私には・・毎日うけるだなんて無理・・でした。

今日は仕事が忙しかったから、とか
家族が起きてる間は無理、とか
この日のこの時間、と思って予約取ろうとするとお目当ての先生のレッスンが取れなかったりして

なんだかんだで、いろんな理由をつけてサボっちゃうんです、すると・・・

毎日きちんとレッスン受け続けない限り、単価はどんどん高くなる!

当然ですが、月額制の場合、1か月のレッスン回数が減れば減るほど1回あたりの単価は上がっていきます。

結局、あれやこれや言い訳をしてさぼった結果、私がオンライン英会話レッスンを受けた回数は、だいたい1か月で5回、とかでした。

月会費が7000円弱とか8千円台とかの会社が多いじゃないですか、すると・・当初は300円程度のつもりだった1レッスンの料金が、結果的には軽く千円超えちゃってたんですよね。

いや、別にオンライン英会話会社は悪くない、別に騙されたわけじゃない。

でも、どうしても「思ったよりコスパが良くない」という結論になっちゃうんです。

特に、やる気のない先生に当たったりとか(海外の先生だとこんな人がけっこういます)、回線が安定しないレッスン(これも海外あるある)にあたちゃったときとか、

あーー、今ので千円以上かかっちゃってるのかーー、と思うとがっかりする。

いや、私が頑張って毎日受け続ければ単価は下がるんですよ、わかってます。
でも、それが出来ないんだって!!!ってはなしです。

唯一続けられたのは日本語で質問できるワールド トーク

そんなこともあってオンライン英会話に挫折したまま放置してたんですが
英検をきっかけにそうもいっていられなくなりました。
そしてたどり着いたのは、日本人講師が多いのが特徴の

ワールド トーク

でした。

英検って2次試験に面接があるじゃないですか、英検対策をメニューに入れてくれている他のオンライン英会話スクールもあるのはあるんですが、なんせフィリピンの先生は当然英検なんて受けたことがないし、日本語で英検について質問したい!英検を受けたことがある先生に習いたいという気持ちがむくむくと沸き上がったうえに

英検2次試験対策したいのに、試験に関する質問が、英語でできない自分

がいまして・・というか、そんなことできるくらいなら2次試験楽勝だよね💦

そこで、それまで、1レッスンあたりの単価の安さで選んでいたのをやめ、「オンライン英会話 日本人講師」でググって出会ったのがワールドトーク

結果
良かったです!

まずは第一目的の

試験対策してもらえる!

英検でもTOEICでも、過去の私と同じようにちゃんと勉強して合格したりスコアをとってきた先生から、経験談としてのお話を聞きながら対策してもらえる、これは心強かった。
面接で緊張しないコツや、言葉に詰まったらこれを言いましょう!みたいな便利フレーズを教えてもらえたり、試験の傾向とか教えてもらったし、すごく助けてもらえました。

「大丈夫、今くらい話せてたら合格ラインに乗ってますよ」とか
「attitude点、意外に比率大きいですよ、目を見て笑顔で話すとそれだけで3点もらえますよ」とか
「早口すぎますよ、もっとゆっくりでいいからはっきり大きな声のほうがいいです」とか

そんなアドバイスがとても助かったうえに、不安を取り除いてくれました。

サービスと通信が安定している!

通信環境。日本人であっても国内在住の先生ばかりではないのですが、それでも通信環境・通話環境がなぜか外国人講師を提供している他社サービスより安定していました。たぶん、先生のほうがレッスンに支障ないように!と事前に色んな努力をしてくださってるんだと思います。

また、先生やる気も安定している(笑)
他社で海外の方のいわゆる仕事に対するモチベーションのいろんな面を見れたのは経験としてはよかったのですが、それが自分のレッスン料と引き換え・・と思うと納得できないことが多々ありました。
でも、日本人講師だとその辺が、日本で、「仕事とは当然こうあるべき!」と思われているクオリティーが、普通に保たれている、とでも言いましょうか。
不当な理由でレッスンが遅れたことは一度もなく、先生のやる気やモチベーションにレッスンのクオリティーが左右されることもなく、あるべきサービスが安定して供給される、という安心感。

事前にレッスン内容の希望を(日本語で!)メッセージを送っておけば、必ず目を通してもらえているし、場合によってはレスポンスももらえるし、当然希望内容のレッスンがしてもらえる

ジャパニーズおもてなしクオリティって素晴らしい、と再認識させられました。

素敵

緊張しすぎずにすむと理解が早い上達が早い

いざとなったら日本語でもいい、と思うとかなり気が楽。
それに関しては良し悪しかもしれませんが、メンタルはかなり楽になりました。
すると、さぼりにくくもなりますし、喋るときも余計な緊張はしません
充分に日本語で気持ちをほぐしてから、英語のレッスンに入れます。
すると、わからないところはわからないと言えますし、「今のところ自信ないのでもう一度練習させてください」とかも日本語で言えます。
そしてもちろん、「もう一度練習させてください」というフレーズの英語での言い方だってその場で教えてもらえるんです。

途中で詰まっても「えーーっと、○○って言いたいです」日本語で伝えると、英語フレーズはもちろん、解説を日本語でしてもらえます。

言いたいことを妥協せずに言えるようになった!

日本語を理解してもらえない先生には教えてもらえなかった複雑なことも、日本語で説明すれはそれを英語にして教えてもらえる、これはかなり助かります!

なんか訂正された気がするけど違いがよくわからなかった、とか

伝わらなかったから、本当は違うこと言いたかったけどあきらめた

みたいなことがなくなりました

もちろん!

どんなに伝わりにくかろうと、くらいつく!相手がウザがっていても英語で伝える努力をする!!という姿勢は絶対大切だと思います!!

でも、それだと疲れすぎて効率悪くて、もう英会話とかやらなくていいか・・・みたいな豆腐メンタルの私には、それは挫折の一因となりかねませんでした。

日本語を使って英語を教えることのメリットを体感

実は、渡航経験もないパソコン講師だった私が「英語を教える人になりたい!」と思ったきっかけになったのも、このワールド トークでした。

国内で勉強していると、留学に憧れます。
ネイティブに習ったほうが早いんじゃないか、と思ってしまうことは多々あり、それはある意味では正しいんだと思います。

でも、ワールドトークで、絶対に英語ネイティブの先生からは教えてもらえないことを、実際に国内で努力して英語を習得した先生から教えてもらえる!という体験をしたことが

私にもできることがあるんじゃないか!とキャリア転向のきっかけになりました。

もちろん、英語ネイティブの人にしかわからないことはたくさんあります。
でも、自分がそうだったんですが

英語ネイティブに体当たりするにはちょっと早すぎる、という段階がある
もしくは
英語ネイティブに体当たりするとめげてしまうメンタルの人がいる

ということ。

そして、自分と同じように、勉強しながら試験を受けながら英語を身につけた先生からしか教えてもらえないことがある、と実感したことが

大人になってから、国内で地道に勉強をつづけた自分だからこそ伝えられることがあるんじゃないか、と、キャリアを途中変更して英語講師を目指すきっかけになりました。

英検準1級の2次対策もワールドトークで頑張ったんですが、この準1級に受かったことで、英語講師としての仕事のスタートも切ることができました。

会話だけでなく、基礎学習においてもネイティブでは伝えられないことがある
説明を英語でされても理解できない、理解できないからあきらめてしまう人がいる。

だから今、私は日本語を使って、初心者の英語学習を支えるという仕事をしています。

ワールド トーク デメリット

と、べた褒めしているワールドトークですが、もちろんいいことだけではありませんでした。

ワールドトークの料金設定は少し高めでした

ワールドトーク料金表

ワールドトークも月額制なのですが、月額払って受け放題、というわけではないんです。
先生によって1コマ何ポイント、と決まっていて、どの先生を選ぶかによって、払った月額で何回レッスンが受けられるのかが決まってくるシステムです。

たとえば、月額3300円のお手軽コースの場合
500ポイント弱の先生だと1か月に6回レッスン受けられるけど
1000ポイント弱の先生だと1か月に3回までです。

そして、1000ポイント以上の先生もたくさんいらっしゃいます。
逆に、トライアル中の先生は260ポイントとかです。

1レッスン単価としてはそこそこ高めだと思います。
ただし、私はもともと他社サービスでは頑張れなくって月に5~6回程度だったので、結果的にコストはあまりかわらなかったです。

ポイントを使い切るのが難しい

単価がちょっと高いうえに
月額で払ったポイントを上手に使い切るのがちょっと難しいと感じました。

自分の残りのポイントと先生の必要ポイント、そしてポイント数のちょうどいい先生と自分とのスケジュール、そこを完璧に合わせる、というのは至難の業なので

完全にゼロになるまでポイントを使い切れることはあまりありませんでした。(ポイント追加購入して、なんとか損が最低限になるように調整したりしてました)

先生のpointは上がっていく

先生方は、最初は小さなポイント数からスタートなんですが、徐々に必要ポイントが上がっていきます。なので

「お手軽コースの料金でこの先生のレッスン月に6回受けられるなー」と思っていても、数か月後には必要ポイントが上がっていくことがあるので、3回しか受けられない、ということもあり得ます。

それでも、事前に資料まで準備してくださったり、宿題チェックしてくださる先生が多いことを考えると、いやー、先生の時給こんな程度では申し訳なさすぎ!と思うことも多かったので、上がってくれた方が逆にホッとする、ということもありました。

ワールドトークでリアルなコスパは・・

オンライン英会話を検討する場合、どうしても他社と比較が必要だと思います。

他社に多い料金設定に近いのは一押しコース6600円(税込み)
表によると受講回数2~25回となっていますが、一番必要ポイントが低いトライアルの先生を25回分予約することが可能かと言えば・・自分のスケジュールもあることや他の生徒さんとの予約競争を考えてると少し非現実的。

私が使った感覚からすると、一押しコース6600円で
900ポイント台の先生と月に6回~7回、もう少し必要ポイントが少ない先生も入れながらなら月に10回、あたりがリアルな線じゃないでしょうか。

それでも、私にとっては

同じような価格帯で「毎日レッスン受けられる!」がウリのところよりは
1か月の回数は減ってもいいから、安心して高いクオリティのレッスンが、時には日本語の説明もありつつ受けられる、のほうがよほどありがたかったです。

どんな先生が、どれくらいのポイント数でやってらっしゃるかは、講師一覧ののページであらかじめ確認できます。

その他、スカイプを使いますよ、とかレッスン予約ってどうやってとるの?とか、ワールドトークの使い方等は公式ページにちゃんと書かれていますので、興味がある方は読んでみてください。

ワールドトークの使い方ページへ

結論・オンライン英会話がなかなか続かない人へ

どんなにテキストで勉強しても、話すスキルは話すことでしか得られませんよね。

だから、その「話すチャンス」を留学ではなくオンライン英会話サービスで作ろうと思ったら本当は・・

できるだけ毎日、出来るだけたくさんの時間

オンライン英会話に使うべきなんです。
ということは、本当は安くて回数こなせるところを選ぶべきなんです。

でも!!!

わたしのように・・それだと続けられないんだよね・・・、心の負担が大きすぎて腰が上がらないんだよね、という方いると思います。

続けられない時はハードルを下げることを試しましょう

そんな方は、ハードルを下げてみるのがオススメ。
私の場合は、心理的負担を減らすために、日本語が通じる講師を選ぶということをしてみて、それがうまくいきました。

わたしと同じように、心理的にしんどくてオンライン英会話が続かなくてお悩みの方には、日本語が通じる講師の方がたくさんいるオンライン英会話サービスを選んでみる、というのも一つの選択肢だと思います。

別にメンタルは弱くないけど、英検二次試験に特化したレッスンを受けたいわ、というときも、じっさいに英検を受けた経験がある先生がたくさんいるところのほうが、安心して的確なレッスンを受けらると思います。

今回は、心の負担が大きすぎて続けられなかったオンライン英会話を続けることができた話、でした。

参考になればうれしいです。

興味があれば、780ポイントが無料でもらえる!!(なんと・・・・うらやましい)
無料体験レッスンあるそうです

日本語を交えながら教えてもらうってどんな感じ?ってことを体験してみるのも、私みたいに続けにくい人にはいいと思います。

オンライン英会話、興味あるけどそもそも英語が聞き取れないのよね、まずはちょっと聞けるようになってから、と思っている方には、こちらの記事もお勧め。
なぜ、英語が聞き取れないのか、の原因を5つに分類し、原因ごとの対策法をまとめています。

では

ブログ村ランキングにも参加中です
応援よろしくお願いします

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

こちらも


人気ブログランキング

ブログ更新のお知らせを、ライン公式アカウントからしています

友だち追加

botなので、ただの記事更新お知らせ機能だけです。
このラインにコメントいただいても私には届きません。

JUJUへのご連絡は、コメント欄かお問い合わせフォームからお願いしますね。

QRコードで読み取る

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる